KIN157〜KIN169 赤い地球の13日間。

KIN157「1(磁気)赤い地球―赤い地球」(2/9)

あすわ マヤンカレンダーリーダー まろです。

 

おはようございます。先日、ある出来事からちょうど100日を迎え、色々とダイアリーを見返したりしてました。

西暦のカレンダーではその日が何月何日だったのかは忘れてましたが、KINで覚えてると、100日目とかすごくカウントしやすい(笑)

そして同じマーク(紋章)の日でも起こってくる現象の違いから「こういう現れ方もするのか〜」と比べやすい。なかなか楽しい体験でした。

 

さて。「変化」の第3の城を終え、いよいよ本日からは「答えが見えてくる」第4の城に入っていきますね〜。52日間続く大きなブロックです。…でもって、13日ごとのサイクルは今日から赤い地球の13日間になりますよ。

赤い地球のマーク(紋章)に、13の月の暦の提唱者であるホゼ博士が提示したキーワードは「・舵取り(Navigation)・発展させる(Evolves)・共時性(Synchronicity)」です。

日常生活に照らし合わせやすく表現した あすわの現代解釈では、今日からの13日にはこんなキーワードが…。

さてこのキーワードが日常生活の自分の出来事に照らし合わされたとき、どんな現象が謎解きされるのでしょう(^^)

 

・自分独りで生きているわけではないということを知る

・目に見えない力で導かれる様に現実が動く

赤い地球のキーワード 

※こちらに記載しております解釈は、ホゼ・アグエイアス博士が作り出された 

「13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。 

あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。  

 

・・・となっています。

さらにあすわマヤダイアリー2017の、P59のメッセージをぜひご覧くださいね!

大事な時期なのね!と楽しみが湧いてくることだと思います。

 

ではでは、立春もすぎ春へ向けての移ろいを感じつつ、楽しんでいきたいと思います♪

 

 

【あすわからの大事な発振】

「マヤ暦で見てもらったことあるけど・・・」とお話される方、嬉しいことにイベントなどでもチラホラお声かけていただくことが増えました。・・・でもちょっと待って。それ、いったいどんなマヤ暦に繋がっている情報なのでしょうか?

この情報を読まれただけで「あれ?」「え?!」って思うはず。あすわのHPでしっかり説明されていますので、ぜひぜひ確認されてみてください。

 

KIN157「1(磁気)赤い地球―赤い地球」