KIN196〜KIN208 黄色い戦士の13日間。

KIN196「1(磁気)黄色い戦士−黄色い戦士」(3/20)

あすわ マヤンカレンダーリーダー まろです。

 

今日は春分ですね。かの地ではククルカンが神殿の階段に浮かび上がっていることでしょう。

もう春が巡ってくる季節になりました。早いなぁ。ついこの間まで「寒い寒い」って言ってたのに。もっと言えば、今 航行中の260日リズムの始まりはまだ「暑いな〜」なんて言ってたのですけどね(^^;)

そこから城と呼ばれる大きなブロック4つぶん、いよいよこの流れの「答え」になる部分へと突入です。

 

本日からの黄色い戦士の13日間で、いったい何が見えてくるのかな? 私の場合の答え、その気配は充分すぎるほど今あるのですが、まだ焦らずにじっくりと観察していきたいと思います!
 

黄色い戦士のマーク(紋章)に、13の月の暦の提唱者であるホゼ博士が提示したキーワードは「・知性(Intelligence)・問う(Questions)・大胆さ(Fearlessness)」です。

あすわの現代解釈ではこのキーワードを日常の現象に照らし合わせやすい言い回しにして伝えてくれています。ぜひ意識してみてください。

・自身と向き合いチャレンジする

・もうひと踏んばりできてしまえる

※こちらに記載しております解釈は、ホゼ・アグエイアス博士が作り出された 

「13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。 

あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。  

 

・・・となっています。

さらにあすわマヤダイアリー2017の、P69のメッセージもぜひご覧くださいね。

今回はこの期間のメッセージを読んでみて、まさかの自分が今ものすごーく反応するキーワードが書かれてあったりしてビックリでした。秋山先生が書かれたのはもちろん2017年すら始まる前なのに!むむむ、おそるべし。

みなさんもぜひご自身の日常と照らし合わせてメッセージ受け取って見てくださいね!

 

それでは第4の城の〆の13日間を、楽しんで行きましょう!

 

 

【あすわからの大事な発振】

「マヤ暦で見てもらったことあるけど・・・」とお話される方、嬉しいことにイベントなどでもチラホラお声かけていただくことが増えました。・・・でもちょっと待って。それ、いったいどんなマヤ暦に繋がっている情報なのでしょうか?

この情報を読まれただけで「あれ?」「え?!」って思うはず。あすわのHPでしっかり説明されていますので、ぜひぜひ確認されてみてください。

  

KIN196「1(磁気)黄色い戦士−黄色い戦士」