KIN40〜KIN52 黄色い太陽の13日間。

KIN40「1(磁気)黄色い太陽―黄色い太陽」(7/2)
あすわ マヤンカレンダーリーダー まろです。

 

しばらく続いたパッとしないお天気も今日は朝からキレイに晴れて、梅雨空の合間に気持ちのよい光が降りそそいでいますね〜!今のうちに洗濯大会!(笑)
昨日までの青い手の13日間はいかがでしたでしょうか?あすわの現代解釈にある「何事か認識する」というキーワード、いつもこの期間にこれを思い出さずにはいられない現象があるのですが・・・。
今回も自分の立場とか全体の中でのレベル感とか、あることとの距離感とか、色々と認識させられる状況があり、そこから状況が変わっていったりして、改めて青い手の流れを実感した日々でした。
中には「わー、それ知りたくなーい!」ってことまで(笑) きっとこのタイミングで認識しておくことが必要だったのでしょうね〜。今後それがどう響いてくるのかも興味深いところです。

 

で!今日からは黄色い太陽の13日間に突入ですよ。第一の城(最初の52日間)のシメのリズムですよ。
この期間のキーワードは、見るだけでも何か気持ちの中にワクワク感が湧き上がります。
この黄色い太陽というマーク(紋章)に、13の月の暦の提唱者であるホゼ博士が提示したキーワードは「・普遍的な火(Universal Fire)・啓発する(Enlightens)・生命(Life)」です。
 あすわの現代解釈では、もう少し分かりやすい表現で書かれてますね。どんなキーワードかと言うと・・・。

 

・次に何をすればいいのか?が見えて来る
・それまでの状況が明確になる
黄色い太陽

※こちらに記載しております解釈は、ホゼ・アグエイアス博士が作り出された
「13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。
あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

・・・となっています。

13ヶ月のリズムの暦ではいよいよ最終の13番目「宇宙の月」に入っていますし、また多角的な視点からも楽しんで日々を過ごして行きたいと思います。
もちろん、おなじみの!あすわマヤダイアリー2017の、P98のメッセージもぜひご覧くださいね。
夏の日差しのようなワクワクをたくさん感じていきましょう!

 

 

 

【あすわ秋山代表のブログが再開!】

あすわの秋山代表のブログが再開しました。他では聞けないようなマヤのお話。銀河のマヤが伝える新銀河時代の新しい常識をいち早く発振されています。ぜひ読んでみてくださいね!

ブログはこちらから!

 

KIN40「1(磁気)黄色い太陽―黄色い太陽」