KIN131〜KIN143 青い猿の13日間。

KIN131「1(磁気)青い猿―青い猿」(10/1)
あすわ マヤンカレンダーリーダー まろです。

 

なんだかそわそわした朝を迎え、そして「えぇー?!そうだったの?!」という衝撃があり、なんだかあっという間にお昼前です(笑) 
260日のリズムが半分過ぎました。初夏に始まったこの流れもぐっと秋めいた季節まで進み、昨日までの白い鏡の13日間の完了をもってしてちょうど折り返し地点となります。
今日から後半戦!そしてあすわ主催のとても興味深い講演会も開催ですよ。

 

最近本当にテレビやらニュースアプリを見なくなってしまったので、良いか悪いかは別として何だかどんどん世間離れしてしまっている感じの日々を送っています・・・(^^;)
秋山代表の13日間メッセージにもあるとおり、これから大きな変化の期間に入っていくということを頭において、世間や周りの世界に少し目を向けてみようかな、と思います。
もちろん自分の変化も楽しみたいと思いますが。相変わらず面白い(個人的にホントに床を転がり回りたいくらい興奮する)シンクロネタとかをツォルキンを通して発見したりしてダイアリーには「!!!」がやたらと並んでいる日があったりして楽しいです。
そこにさらに変化の要素が重なってくるとどんな展開になるのか・・・!
もちろん、今日から始まる青い猿の13日間のキーワードも大いに響いてくれることと期待します(^^)

 

では、その青い猿の13日間のキーワードを見てみましょう。
この青い猿というマーク(紋章)に、13の月の暦の提唱者であるホゼ博士が提示したキーワードは「・魔術(Magic)・遊ぶ(Plays)・幻想(Illusion)」です。
そしてこのキーワードを日常の現象に当てはめやすい言葉で示したあすわの現代解釈はというと・・・?

 

 

・目の前の出来事に一喜一憂しない
・個々の質的な部分を問われる
青い猿

※こちらに記載しております解釈は、ホゼ・アグエイアス博士が作り出された
「13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。
あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

・・・となっています。

そしてあすわマヤダイアリー2017の、P124のメッセージもぜひご覧くださいね。大きな流れの後半が始まるタイミング、どんな意識でいればいいのかという大事なことがアドバイスされていますよ。

 

何をするにも心地よい季節、爽やかという言葉は秋の季語です。爽やかの本番!(笑)
素敵な13日間を過ごしたいとおもいます!

 

 

【あすわ秋山代表のブログが再開!】

あすわの秋山代表のブログが再開しました。他では聞けないようなマヤのお話。銀河のマヤが伝える新銀河時代の新しい常識をいち早く発振されています。ぜひ読んでみてくださいね!

ブログはこちらから!

 

KIN131「1(磁気)青い猿―青い猿」