KIN248〜KIN260 黄色い星の13日間。

KIN248「1(磁気)黄色い星―黄色い星」(1/26)
あすわ マヤンカレンダーリーダー まろです。

おはようございます・・・と朝に更新しようとしたのですが、何度やっても更新エラーになってしまい、帰宅後までPCも触れず、ぎりぎりKIN248での投稿となりました(笑)

いよいよこの260日の本流の中のラストの13日が来たのだな〜としみじみしています。
振り返ってみれば、この数年の中でも特筆すべきことが多く起こった期間だったな〜、と(自分的にですけどね)。
たくさんのことを感じ取って、普段は楽観的かつ超マイペースな自分ですが、周りに関わる影響やら何やらをとても感じた260日でした!
260日の流れとは別に、目を向けている自分自身のもつ流れ、これもまたあすわで教わったツォルキンのメッセージが興味深い期間を色づけてくれているなぁとも思います。
等しく流れている260日の中のサイクルと、自分のもつサイクルと両方見ていると、どちらにもほほぉーと思うことがたくさんありますね。

さて、このブログでお伝えしているあすわの現代解釈では全体に等しく流れている切り替わり、流れのキーワードですが、260日のラストを飾るのは?
それが黄色い星の13日間です。この黄色い種というマーク(紋章)に、13の月の暦の提唱者であるホゼ博士が提示したキーワードは「・気品(Elegance)・美しくする(Beautifies)・芸術(Art) 」です。
日常生活の体験や気持ちに照らし合わせて感じやすく表記してくれているあすわの現代解釈では次の通りです。

 

・強く形にしようとする
・美しくバランスを取ろうとする
黄色い星のキーワード

こちらに記載しております解釈は、ホゼ・アグエイアス博士が作り出された
13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。
あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

・・・となっています。

そしてついに新しい2018年版に入り、また気持ちも新たに色々と綴っていける2018年版のダイアリーの、P51のメッセージもぜひご覧ください。ハッとさせられるかもしれませんね、今回も(^^)

 

それでは、大ラスの13日間を楽しく、美しく。
そんなふうに過ごしていきたいとおもいます!

 

 

 

【あすわ秋山代表のブログ】

あすわの秋山代表のブログが再開しました。他では聞けないようなマヤのお話。銀河のマヤが伝える新銀河時代の新しい常識をいち早く発振されています。ぜひ読んでみてくださいね!

ブログはこちらから!

 

KIN248「1(磁気)黄色い星―黄色い星」