KIN38 白い鏡の日、新月。

こんにちは。
あすわマヤンカレンダーリーダー まろです。

 

今日は新月。青い手の期間はもうあと2日ですね。
この青い手について、あすわの現代語訳(キーワード)には「思い知らされる」「何事か認識する」というのがあるのですが、どうなんだろう?と思っていたことが「そういうことなのか−!(*´∀`*)」ってなること、そして「この段階で気づいてよかった・・・」と思うようなこと、色々あって「青い手の期間なんだなあ」とじわり感じておりました。

※ブログに記載しております解釈は、ホゼ・アグエイアス博士が作り出された13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

そう言えば先日のこと、以前からいろんな刺激を頂いている人のKINを知ることができました。
その人の言動からはたくさんの発見や、忠告、インスピレーションなど色々受け取っていると感じているのですが、なんとなく感触が誰かに似てるなって思ってました。
先日、それとなくその方の生年月日を聞き、KINを調べて納得。以前からとても良くしてもらっている方で長いお付き合いの友達と同じKINでした(笑)
そりゃまったく同じというわけではないにしろ、言葉の選び方や視点、少し慎重で頭を使う発信の仕方。自分にとっての関係性も、見事にそれを感じる要素を色濃く持っているところ・・・とても似ているなぁと。
ツォルキンを通して見るとこんなところにも共通の波を見出すことが出来るのだな〜と、人のもつ波長の部分をより面白く感じた日でした。

 

さて、今日の白い鏡も自分にとってはいつもよりさらに興味深い紋章の1日。午後からは確実に自分の気持ちが上がることが約束されていることに着手するのでウキウキです。
皆様も、よい午後を。

 

KIN38「12(水晶)白い鏡−青い手」