KIN207 人類は滅亡しなかった(嬉)

こんばんは。
あすわ マヤンカレンダーリーダー まろです。

 

今日は260日周期のカレンダー「ツォルキン」ではKIN207。
黄色い戦士の期間(KIN208まで)もいよいよクライマックスですね。

 

今日の207日目という日は、私の大好きなセカオワのSaoriちゃんや、WORLD ORDERの上西くんのKINだったりします。
ということで今日のBGMはセカオワとWORLD ORDERのヘビロでした♪
そして一緒にマヤを学んだ同期の方を思い出してみたり(^^)
みなさんの周りにもKIN207の方がいたりするかも?

 

そしてこの日はとても思い入れの深い数字でもありますね。
はて?何かあったかな・・・って?
勝手に人類滅亡とか言って盛り上がってた2012年の冬至のKINですよ〜。
マスコミもこぞって、好き勝手なこと言って無駄に不安を煽って色々やってましたが、この日はそんなしょーもない騒ぎなんか吹っ飛ぶほどの、大きな転機でした。

 

大きな変化に入った私達の惑星史の、ターニングポイントのひとつ。でも別に人類が滅びたりはしません(笑)
そこからさらにまたでっかいターニングポイント、というかいよいよの始まりである2013年7月26日を経て、もう新しい時代も800日を軽く超えるほどとなりました。
どんな転機だったのか、どんな時代に入ったのか?秋山代表の書籍などで詳しく書かれているので割愛しますが(爆)
人類も滅びずにすんで良かった良かった。でも「何もなかった」のではないみたいですね。
なぜ「何もない日」と思い込んで、ちょっとしたイベントみたいなノリで済んでしまんったのか・・・なんてことも、聞いてみれば「マジか( ゚Д゚)!」と思うようなすごい巧妙に仕組まれたことだったり・・・。
この世界はまだまだ秘密だらけのようです。知らないことばかり。

 

そんなことを思い返しながら、久々、ゆっくりマヤ本を開いてみました。
何気なく過ごす日も、忙しくバタバタしてる日も、同じKINでどこかの日付とリンクしていると思うと、ちょっと楽しいですね。
ちょっと時間トリップして以前の手帳を開いてみると、面白い発見があるかも☆

2012ダイアリーとあすわ新刊

KIN207「12(水晶)青い手―黄色い戦士」