KIN235〜KIN247 青い鷲の13日間。

おはようございます。
マヤンカレンダーリーダー まろです。

 

昨日までの白い風の期間、いかがおすごしでしたでしょうか?
世界的なところでは、大きなテロ事件で騒然としたりしましたね。日々おこることは様々ですが、その本質の部分をしっかりと見つめなければならない、まさに白い風のこの期間のキーワードにもあるように、「目に見えない部分」にもアンテナを向けなければならないのだな、と思う日々です。
私の住む大阪では府と市のダブルの選挙が行われていたり、家族の中でも大きな成長をみることができ微笑ましいシアワセを感じてみたり、さらに難易度の高い仕事と向き合ったりと、なかなか忙しくも目まぐるしく色々な体験のある白い風の13日間でした。

 

そして今日からは今スピンもいよいよ大詰め、KIN235から始まる、青い鷲の13日間が始まります。今回のツォルキンの1周(260日)も、この青い鷲の13日間と黄色い星の13日間を残すのみとなりました。
それではさっそく、青い鷲の13日間のキーワードを見てみましょう!

 

・展望が開ける
・あらゆる見当がついてくる
青い鷲の13日間
※こちらに記載しております解釈は、ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。
あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

あすわマヤダイアリー2015をお持ちの方は、P136のメッセージも合わせてご覧くださいね。ダイアリー2015もそろそろ終わりが見えてきました。
2016年度版ももちろん出来上がっておりますので、引き続き2016年版をご注文いただいている皆様にはお届けさせて頂きましたが、これから初めて使ってみたい方もぜひぜひご連絡くださいね!

 

これから西暦のカレンダーでも年末年始と新しい年へ目線が向いて来たりする頃ですし、このタイミングで今後の展望が開けてくるのでしょうか。楽しみですね。
そして楽しみといえば、昨日まであすわのマヤツアーが開催されていたので、そのおみやげ話も楽しみです♪

それではみなさま、すてきな13日間をお過ごしください!

 

KIN235「1(磁気)青い鷲―青い鷲」