KIN157〜KIN169 赤い地球の13日間。

KIN157「1(磁気)赤い地球―赤い地球」(5/25)
あすわ マヤンカレンダーリーダー まろです。

 

ここ最近でいっきに夏日な気温になる日が増え、我が家の新入り植物たちも急に成長の勢いを増した感じがあります(^^)
前回のKIN157の日(2015.9.7)のことをふと思い、手帳を引っ張りだしてみたところ、ありゃー、今と全く同じようなタイミングでの切り替わりの出来事が起こっていたりして、すっかり忘れていたけど面白いなぁ〜と思ったりしております。

 

そんなリズムが切り替わる本日ですが。本日からは赤い地球の13日間。さっそくこの期間のキーワードを見てみましょう。
ホゼ博士が表されたキーワードは【・舵取り(Navigation)・発展させる(Evolves)・共時性(Synchronicity)】でした。このキーワードをポンと言われてもなかな実際の生活の中に反映した感覚として捉えらるのが難しいというお声も聞いたりします。

あすわでは日常生活で意識するのにもう少し分かりやすくした解釈を(もちろん、ホゼ博士の示された波長はいっさい変えずに)提示していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

・自分独りで生きているわけではないということを知る
・目に見えない力で導かれる様に現実が動く
赤い地球のキーワード
※こちらに記載しております解釈は、ホゼ・アグエイアス博士が作り出された
「13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。
あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

あすわマヤダイアリー2016をお持ちの方はP82のメッセージをぜひご覧になってくださいね。
本日からの赤い地球の13日間は、「答えが見えてくる」という第4の城のスタートでもあります。
そしてこの期間中に富山の地にて、光の大集会 限定ヌースフィア講座 も開催されますよ!マヤ族の最高神官であるアレハンドロ大長老が来日され、伝統のマヤと銀河のマヤが融合した大きなイベントとなった「光の大集会」。このワードを冠に据えた講座。アンテナがピピッと響いた方は→コチラ
それでは、赤い地球の13日間、ステキな波長で波乗りしていきましょう!

 

☆銀河のマヤからの情報【ツォルキン】にまっすぐに繋がる☆   
今年はうるう年です。2/29が入ることで、現在もKINのカウント誤ってズラしてカウントすると思っておられる方がいたら、間違って日々のエネルギーを捉えてしまうかも・・・?!   
ツォルキンと何か他の手法を混ぜて何かを見ようとする行為の危険性とは?
実は知らず知らずのうちにまったく違うところに繋がってしまっているかもしれません。あすわ秋山代表のブログに詳細が記載されていますよ〜!
「あすわのブログより/マヤ暦占いの真実 ツォルキンと何かを混ぜる行為」 
「あすわのブログより/マヤ暦占いの真実 マヤ暦によってKINが変わる?編」   
「あすわのブログより/マヤ暦占いの真実 うるう年について」   

 

KIN157 「1(磁気)赤い地球―赤い地球」