もう読んだ?銀河のマヤ・人類進化の謎解き本!

おはようございます。マヤ鑑定士 まろです。

 

少し前にさかのぼりますが、KIN55(5/28)に一冊の本が世に放たれました。

「銀河のマヤとヌースフィアの時代」~マヤ暦に隠された人類進化の謎~
というタイトルです。
銀河のマヤからのカレンダー(ツォルキン)について相変わらず「ちょっと前に流行った終末論を巻き起こした暦」とか「古代マヤ暦」とか日本では色んな勘違いが絶えません。

 

地球の進化を見守ってくれてる銀河の意識存在からその叡智を受け取って「今の」私たちの為に最終完成版として顕されたカレンダー。
それこそマヤ文明と言われる時代からじっくりゆっくりと育まれて、そのカレンダーを本来の姿に顕されたのは、アメリカのホゼ博士という学者さんでした。学者サンてスピリチュアルとかキライなんじゃない?
と、思われるかもしれませんが、私個人の感想ではもはやスピとかじゃなくて学問だな~。と思います。これはマヤ鑑定®に出逢って鑑定士コースでたくさんのことを学んでいたときも、そこから数年たった今も変わらない感想です。

 

科学的な部分で共通することはもうたくさん、発表されているようですが一部の科学界だけのお話、ではなくもっとそれが自分たちの生活や日々の感情やあれこれに繋がっているという秘密、そしてさらにはそれが地球まるごと進化に繋がってるなんていうまだ知られていないようなことまで、情報は盛りだくさんです。

 

そこまで込み入ったとこまで・・・という方でも、とりあえずはヌースフィアとか、日常あまり耳にしないこの言葉の意味や、現代に顕されたマヤカレンダーと古代マヤ暦の勘違いな現実とか(爆)、それを知る一歩は、大きく違うと思います。

 

続きはこちら