KIN118〜KIN130 白い鏡の13日間。

KIN118「1(磁気)白い鏡―白い鏡」(1/1)

あすわ マヤンカレンダーリーダー まろです。

おはようございます。そして2017年もよろしくお願いいたします。

ちょうどお正月というタイミングと今回の流れの切り替わりのタイミングが同じなので「2017年の初日は流れの切り替わりだった日!」とおぼえやすいですね。体感できれば尚の事ですが。

白い鏡の13日間、本日よりスタートです。

260日の大きな1周のちょうど半分の折り返し地点へ向かう今回の13日間。前半部分の最後をどう過ごしましょう?13列あるツォルキンのど真ん中の列をどんなふうに動きましょう?

 

まずはこの期間にあるキーワードを見つめるところから始めたいと思います。個人的にもとても大切でご縁のある期間。いつもよりもじっくり読み返したいと思っています。

みなさんの心にはどんなふうに響くのかな・・・。

 

白い鏡のマーク(紋章)に、13の月の暦の提唱者であるホゼ博士が提示したキーワードは「・果てしなさ(Endlessness)・映し出す(Reflects)・秩序(Order)」です。

日常生活に分かりやすく表現した あすわの解釈、今日からの13日にはこんなキーワードが流れているのだな〜って覚えて過ごしてみてください。

 

・自分自身の進むべき方向性を知る

・過去を振り返ることで現実のヒントがそこにある

白い鏡

 

※こちらに記載しております解釈は、ホゼ・アグエイアス博士が作り出された 

「13の月の暦」を基にした、あすわオリジナル解釈です。 

あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。  

・・・となっています。さらに今日からいよいよダイアリーも2017年版になりますね!

特典の13日間メッセージもぜひご覧ください。

あすわマヤダイアリー2017の、P48のメッセージをご覧くださいね!

 

 

それではツォルキンのど真ん中のラインを含む前半のシメ、白い鏡の振動領域を楽しくお過ごしください!

 

【あすわからの大事な発振】

「マヤ暦で見てもらったことあるけど・・・」とお話される方、嬉しいことにイベントなどでもチラホラお声かけていただくことが増えました。・・・でもちょっと待って。それ、いったいどんなマヤ暦に繋がっている情報なのでしょうか?

この情報を読まれただけで「あれ?」「え?!」って思うはず。あすわのHPでしっかり説明されていますので、ぜひぜひ確認されてみてください。

  

KIN118「1(磁気)白い鏡―白い鏡」